夕方以降のハイエナ稼動に適したお店 3つの条件

仕事終わりのサラリーマンや大学終わりの学生が行くお店はどのような条件で選ぶといいでしょうか。

色々な要素に左右されるものなので一概には言えませんが、店選びの際の参考にはなるかと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

目標を決めること

パチンコにいくことに目的はありますか?

 

私は娯楽兼副業としてパチスロを打っていますが、

このサイトのタイトルにもあるとおり副業を目的としている場合、

ある程度立ち回りに目標を決めた方がいいです。

 

勝ちたい、などといった漠然とした目標はやめましょう。

 

具体的には、月にいくら勝つ、あるいは期待時給がいくら、などです。

 

特に打つ時間が少ない副業スロッターの場合、期待時給を意識して立ち回ると

無駄打ちや甘い立ち回りが減るためです。

 

また、副業で打つ場合は

稼がないと生活できないということには普通なりません。

 

専業の場合は生活がかかっているので時給も大事ですが、

生活のためにある程度の額は必ず稼ぐ必要があります。

 

余裕をもって自分の目的に沿って打てるのは副業の大きなアドバンテージです。

 

自分が現実的に達成できそうな目標、最低ライン、

を定めて稼動することでより安定した収支を実現できます。

 

これは副業スロッターとしての個人的な考え方ですが、

ホールにいる間は勝てる立ち回りに徹して、

勝ったお金で生活や趣味を充実させた方が全然いいと思っています。

 

けどたまには打ちたい台も打ちたいですし、

がつがつするのも性に合わないようです。

 

なので私の目標は期待時給1500は下回らない程度に、

たまには打ちたい台も打つ、

というスタンスに落ち着いています。

 

当ブログでは時間効率とか時給とかの考え方について、

今後もいくつか記事を書いていきたいと思っています。

タグ

交通手段は必要?

みなさん交通手段は持っていますか?

 

多くの方は持っていると思いますが、

特にパチスロを始めたばかりの学生の方など持っていない方もいると思います。

 

しかし、首都圏などでない限り基本的に交通手段(原付以上)は必須です。

 

天井を狙っていく場合、とにかく効率よく数をこなすことが求められます。

 

よっぽど使えるホールがない限りは、

移動を繰り返してどんどん期待値を積まないと満足行く日当を得ることは難しいで

す。

 

原付は安いものであれば10万もあれば買えると思いますが、

その費用対効果はかなり大きいです。

 

私がよくいくホールにもいつも自転車で来ていて、

ずっと同じホールでうろうろしてハイエナできる台をうかがっている方がいますが、

明らかに効率が悪いです。

 

もちろんそれでもひたすら打てる台があるような店や、

高設定を拾いやすい店が家の近くにあるのならいいと思いますが、

そうでなければ時間がもったいないです。

 

稼動毎に時間が節約できるだけでなく、

遠くのホールにも足を伸ばせるので選択肢も増え、

その上私生活にもかなり便利です。

 

ある程度まとまった資金ができたら、

ぜひ交通手段に関して検討してみてください。

 

ちなみに車やバイクは免許の取得・維持費等の面から大変だと思われる方は、

駐車場もいらず維持費もかなり安く済む原付なら(税金は1000円/年)

比較的すぐに手に入るので考えてみるといいと思います。

タグ

2012年8月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:初心者の方へ

副業に適しているのは?

前回、前々回の記事で設定狙いと天井狙いについて簡単に書きました。

 

この記事ではこの2つの違いを考え、どちらをどのような状況で使っていくべきか考えてみます。

 

まず設定狙いと天井狙いのメリット・デメリットを列挙してみます。


設定狙いのメリット

○プレイゲーム数を稼ぎやすい

○機械割が高い台を確保できれば期待日当が大きい

設定狙いのデメリット

○低設定を打つ可能性が常につきまとう

○遅い時間帯では高設定台が空くことが少ない


天井狙いのメリット

○100%期待値がある立ち回りが可能

○高設定台よりも台確保が容易

天井狙いのデメリット

○プレイゲーム数が稼ぎにくい


上の表を見たらわかると思いますが、大学生やサラリーマンのような副業スロッターにとっては、天井狙い>設定狙い であるケースの方が多いです。

 

高設定がある程度使われる状況で、かつ朝から一日打てるような場合には期待日当が高くなりやすい設定狙いがおすすめですが、副業としてやる場合にはそうはいきません。

 

当サイトでは基本的には天井狙いで立ち回り、高設定台が途中で空くような場合には積極的に狙っていく立ち回りをおすすめします。

 

しかし、管理人の意見としてははじめのうちは結果がでやすく簡単に立ち回れる天井狙いを軸にして立ち回り、パチスロは勝てるということを体感するのがいいと思います。

タグ

2012年7月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:初心者の方へ

期待値をプラスにする具体的な方法②

次に天井狙いをすること、について説明していきます。


天井狙いをすることのメリットは、設定狙いと違って100%期待値がある台のみを打てるという点です。

 

言い換えれば機械割が100%を超える台のみを打つということです。

 

しかし天井狙いには時間効率が悪いというデメリットもあります。

 

これは置いておくとして、天井狙いとはハマリの救済措置などを利用して設定によらず機械割が100%以上となる台を探して打つことです。

 

重要なのは、設定が1でもプラス収支を見込めるということです。

 

具体的な例をあげてみます。以下はモンスターハンターの天井狙いの期待値(等価交換)ですが、

 

ボーナス間ゲーム数 期待収支
500 -100
600 500
700 1450
800 2800
900 4800
1000 7800
1200 19000
1399 44400

 

例えば、ボーナス間800ゲームはまっている台を見つけて

 

ボーナスがあたるまで、あるいは天井ARTをすべて消化して適当なところまで打った場合2800円の期待収支が見込める、ということです。

 

これは設定1の場合の数字ですので、設定が上がればもっと高い収支が見込めます。

 

天井狙いをメインに立ち回る場合はある程度のラインを決めてそれを満たす台をひたすら打っていくことになります。(私の場合モンスターハンターでいえば750~800程度から打ちます)

 

なお、機種ごとの具体的な期待値に関する情報は機種攻略サイトや雑誌などに掲載されていますが、早めに知りたい方はスロ雑誌などを定期的にチェックされるといいと思います。(当サイトにも一部掲載していく予定です)

タグ

2012年7月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:初心者の方へ

このページの先頭へ