バジリスク~甲賀忍法帖~2 天井・解析情報

バジリスク~甲賀忍法帖~2 の天井・解析情報です。

ついにART直当たり当選率が雑誌の解析にもでたようです。


バジリスク~甲賀忍法帖~2

○天井はART間1280G ART3セット以上 継続率50%以上確定


バジリスク~甲賀忍法帖~2 設定推測要素(ART直当たり率)

・強チェリー

設定 当選率(%)(低確) 当選率(%)(高確)
1 15 50
2 18 52.5
3 20 55
4 22.5 57.5
5 23.7 60
6 25 66.6

 

・強MB

設定 当選率(%)(低確) 当選率(%)(高確)
1 7.5 25
2 9 26
3 10 27.5
4 11.2 28.7
5 11.8 30
6 12.5 33.3

 

・巻物

設定 当選率(%)(低確) 当選率(%)(高確)
1 0.1 10
2 0.1 11.1
3 0.1 12.5
4 0.4 14
5 0.4 15
6 1 16.6

 


直当たり率は以前からネットにあった情報とだいたい一緒の数値でした。

結局これらのデータは設定判別においては補足的で、

やはり巻物からの開眼チャレンジ当選率が軸となるでしょう。

個人的に今のところのバジリスク2の設定判別要素の重要度は順に、

①巻物からの開眼チャレンジ当選率

②強MB・強チェからの開眼チャレンジ突入率

低確強チェ・低確高確強MB・高確巻物からのART当選率

③MB出現率(プレイ数が多くなると重要度up)

ARTの単発の少なさ

 

補足しておきますと、

②の中でも意外と役にたつことがあるのが、

高確巻物からのART当選率だと感じています。

巻物は出現率が高いので高確っぽいところで引く頻度が割と高いです。

 

また、③MB出現率は序盤でよっぽど出現率がいい場合を除き、

ある程度回したときによっぽど悪くなければ問題ない

ぐらいの扱いでいいと思います。

 

バジリスク2はトータルで見ると大きな推測要素があるわけではないので、

総合的に判断していく必要があります。

 

巻物からの開眼チャレンジ突入率は重要ですが、

他の要素(特に②の要素)が弱い場合は

一度冷静になってみる必要があると思います。

(私も巻物からの開眼突入率に引っ張られて痛い目見たことがあります・・・)

 

しかし全ての要素を活用すれば

意外と判別が難しい部類ではないと思いますし、

現在メイン機種となっているホールは多いので狙う機会はまだまだあると思います。

 

以上です。

タグ

2012年8月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:機種情報

ぱちんこAKB48(止め打ち・捻り打ちなど)

CRぱちんこAKB48を昨日早速打って来ました。

 

感想としては・・・

 

1時間毎?にAKBのライブが流れるのですが、これが通常時、大当たり中

ともに一部以外の演出を無視しちゃってシマの全台で流れるもんだから

びっくりしました。

(ライブ中は液晶の下の方でちっちゃく演出があっています)

 

パチンコもとうとうこうなったか・・・といった感じでした。AKBすげぇ。

 

話は変わって食える機種かどうか、という話なんですが、

ちょっとしか打ってないのでなんとも言えないですが

開けがないと話にならない部類の台だと思います。

(20/kは欲しい)

 

とりあえず思ったことを書きますと、

大当たり時の捻りは仕事人と同程度の効果だと思いますので

一応やった方がいいと思いますが、一つ注意点があって、

10カウント目に弱→強と打つ際に左に玉がこぼれないようにしないといけません。

 

ギリギリを狙って左にこぼれてヘソ保留がたまって、

もしその保留で1/200をひいた場合ヘソでの振り分けが適用されます。

(ヘソは確変50%・右打ちでは72%)

 

もしヘソ保留であたるとかなりの損失なので注意しましょう。

 

また時短中(確変中)は

①スルーを通す

②盤面下部のパカパカにいれる(仕事人とか銭形の電チューの場所)

③役物にいれてV入賞で大当たり

という流れです。

(GAROと同じ1種2種混合タイプ)

 

GAROと同じようにV入賞を避けながら玉増えを狙えるか試してみましたが、

②のパカパカが、開放のタイミング・時間・回数にいくつもパターンがあり、

またもともと右ゲージがよくないことも重なって玉増えは難しいと感じました。

(さっさと当てた方が得策?)

 

とりあえず少なくともやっておいた方がいいのは、

②のパカパカがあいてから役物があくまでの間は止めるということだけでしょうか。

 

パカパカが開放したら打ち出しをやめ、

パカパカにはいったら役物が開くタイミングで打つ、

それ以外は打ちっぱでとりあえずいいと思います。

 

垂れ流しだと確実に玉は減りますが、上記のやり方だけでもだいぶ抑えられます。

 

どうせすぐ当たるので効果はそこまでないですがやるに越したことはないでしょう。

 

もう少し有効な打ち方がわかったら記事にしたいと思います。

 

おしまい

タグ

めぞん一刻~夏色の風と~ 天井・解析情報

めぞん一刻~夏色の風と~ の天井情報です。


めぞん一刻~夏色の風と~

最大天井は1590G

○ボーナス間700G~ +1300円

800G~ +3200円

○設定変更後は天井ゲーム数の振り分けが優遇されるため期待値アップか


大雑把な情報ですが早くも期待値がでているようです。

一撃100G以上の上乗せもそこそこでるようなので

打ってみたいとは思っていますが機会に恵まれません。

より詳細な情報が判明したら修正します。

(加筆済み)

タグ

2012年8月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:機種情報

副業にパチンコは向かない?①

当ブログではスロットメインで立ち回る考え方を書いていますが、

今回は副業で稼ぐという面から考えてパチンコも併用していくことに対する

私の考え方を書いていきます。

 

まずパチンコはスロットに比べ少ない時間で打つのには向いていないです。

 

その理由として、

換金ギャップによる影響を受けやすいこと、

大当たりが長く閉店取りこぼしの可能性が高くなりやすいこと、

フルスペックなどではある程度収支が落ち着くまでに時間がかかりすぎること、

などがあげられます。

 

逆にプロとしてやる方は時間があるため上にあげた要素に対してかなり有利であり、

またパチンコはパチスロに比べ期待収支をかなり早く見極められる点から、

安定した期待収支を得やすいのでパチンコを主に打つプロの方は多いと思います。

(最近は再びスロットも使う方が増えたように感じますが)

 

副業では上にあげた要素が大きく影響するため、夕方からパチンコを打つ場合、

交換率の高い店で潜伏狙いや甘デジ・ハネモノ中心となりがちです。

 

この事実は基本的に変わりません。

 

しかし、少し前に一物一価の原則が全国のホールに通達され、

結果としてパチンコの換金率はあがったところが多いようです。

 

これを境に交換率があがったホールは当然釘が締まりました。

 

しかし、上にあげた要素のうち換金ギャップの影響、

については以前より有利になりました。

 

これらをトータルで見ると、

副業の打ち手にとってはプラスであることが多いです。

 

ホール側は同じように利益をとろうとした場合、

以前は稼動時間の長い人により多く還元される仕組みだったのが、

換金率があがったことで稼働時間の長い人に還元される分が減り、

その分稼動時間が少ない人に還元されるようになったということです。

(単に換金ギャップによる損を抑えられるだけではないということ)

 

要はお客さんに還元される予算の内訳が、

プロの取り分は減り他の人の取り分は増える方向に向かった、ということです。

 

具体的には、等価、27.5玉ぐらいのホールでは

パチンコも視野にいれるといいと思います。

 

特に以前低換金率だったところは状況が変わっている可能性が高いので

チェックしてみるといいと思います。

 

等価で時給1000~1500円程度が見込める甘デジを探していくのが

個人的には良いと感じています。

(地域差は大いにありますので参考までに)

 

次回はもう少し詳しくこの辺について解説します。

タグ

2012年8月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:立ち回り理論

ドンちゃん祭 解析・天井情報

ユニバーサルからの新台、ドンちゃん祭の解析・天井情報です。


ドンちゃん祭 解析・天井情報

○設定1でボーナス合算1/226、ART1セット30G +1,5枚/G

○天井はボーナス間1280G 天井状態に突入すると以降200G毎に

上乗せ期待度の高い3兄弟モードのARTに突入

○3兄弟モードはレア役でストック確定、ベルでも1/4程度で上乗せする模様

○通常時は約30G/1k

設定変更でも天井ゲーム数を引き継ぐ


現時点で見つけた情報の中から必要そうなものをまとめました。

設定変更で天井ゲーム数を引き継ぐ点は嬉しいです。

天井の威力はそれなりに高そうなので積極的に狙っていきたいと思います。

タグ

2012年8月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:機種情報

このページの先頭へ