鉄のラインバレル 解析・天井情報(期待値)

鉄のラインバレル

○天井は499G or 999G

○ボーナス後は25%で天井499Gが選ばれる

○その他解析情報は 鉄のラインバレル 解析・天井情報

 

天井(999G)狙い ART後

打ち始めゲーム数 期待収支
300 360
400 1080
500 1110
600 2560
700 4280

 

天井(999G)狙い ボーナス後

打ち始めゲーム数 期待収支
300 1820
400 3290
500 1200
600 2600
700 4350

 

ボーナス後499Gのみを狙う場合、

打ち始めゲーム数 期待収支
300 1430
400 2550

タグ

2012年9月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

バジリスク~甲賀忍法帖~2 解析・天井情報(期待値)

バジリスク~甲賀忍法帖~2 解析・天井情報(期待値)

○データカウンタ上のゲーム数とはずれるので注意

○設定変更でもゲーム数を引き継ぐ

○その他解析情報は バジリスク~甲賀忍法帖~2 解析・天井情報

ART後ゲーム数 期待収支
600 1260
700 2240
800 3510
900 5410
1000 8080

タグ

2012年9月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:機種情報

先行者利益②

前記事の続きです。

 

しかし間違えてはいけないポイントがあります。

 

いかに情報を得ても、その情報を十分に活用できそうか?

という点は常に考えておくべきです。

 

例えば、設置が少なく短命に終わる可能性が高い台の情報をリスクをとって

いくらか得たとしても、

その情報を十分活かせるほどその台を打つ機会があるでしょうか。

 

設置が少なければせっかく狙い目のゾーンをいち早く知ったところで

なかなか巡り合えないでしょう。

 

短命な機種ではある程度情報を得た時点でもうすでに撤去まで

折り返しを過ぎているかもしれません。

 

打ってみないと何もわかりませんが、

それでも優先順位をつけてリスクをとらないといけないことがわかると思います。

 

ではどのような機種の情報が重要かというと、

上にあげた条件の逆、すなわち

台数が多く、長く設置されることが期待できることです。

 

加えて、スロットではもっと具体的な

狙い目となりやすい種類の台があります。

 

前記事であげた台を見てもらえばわかると思いますが、

ゲーム数解除がある台です。

 

これにはいくつか理由がありますが、

雑誌に期待値が掲載されにくい、されるのが遅いことが多い、

という点は結構デカいと思っています。

 

ゾーン狙いは打ち始めゲーム数、ヤメゲーム数などの条件がわかりにくく、

ある程度解析が一通り出揃うまで期待値の算出が困難で、

またそれら全部を誌面に載せるのは難しいなどといった事情もあるのでしょうが、

 

ともかく期待値が具体的に○○、と出回らないうちがおいしいのです。

 

実際にここまで収支につながっているとは考えていませんでしたが、

パチスロでも先駆者は儲けるものだと再認識したいい機会でした。

 

ちなみに最近の台では新台のセイントセイヤがおいしくないかなーとか

ちょっと狙っていますが、稼働時間があまりとれないのでわかるころには・・・

とかならないで欲しいですが。三洋なんで期待はしています。

タグ

先行者利益①

今日久しぶりに自分の収支を眺めていたのですが、

ちょうど今使っている収支アプリに変えてから1年ちょっとが経っていました。

 

この収支アプリは結構便利で、

店ごと、機種ごとなどに分類して収支を見ることができます。

 

で、ここ1年(2011/9月~2012/8月)の収支について

自分でも意外なことがいくつかわかりました。

 

まず最も収支をあげた機種は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番長2 でした!

 

収支の約30%を占めていました。

ちなみに番長の収支はほぼエナ1本なのでかなりの台数打ちました。

 

実はこれは意外でもなんでもなく、番長がでてから数ヶ月は

稼動した日はほぼ毎回番長に触っていましたし、勝ってる感触もありました。

 

楽しいし勝てるし文句なしです。

 

そして2位以降はモンキーターン、ゴッド、島娘、などと続きますが

ここら辺はあまり差がないところですので割愛です。

それぞれ収支の5%~10%程度を占めています。

 

で、これらを見て自分の稼動を顧みると、

タイトルの言葉につながったのですが・・

 

ちょっとかっこつけて先行者利益とか言ってますが、

意味は読んで字のごとく早い段階から手を出した人の儲けのことです。

 

実は、番長2は導入された次の日ぐらいからゾーン狙いしまくってました。

 

導入当初はやはり空き台が少なかったですが、

ゾーン狙いが浸透しているはずもない時期なのでそこそこ落ちてました。

 

かくいう自分はどうして番長のゾーン狙いを知ったかというと、

雑誌に200台はあたりやすい?的な実践結果が載ってたのを見ただけなんです。

 

バカ正直にとりあえず100台後半とかの台を片っ端から打っていくと、

けっこう当たるんですね。

 

さすがにこれだけ当たればいけるでしょうと思い打ちまくったところ

この収支が得られました。

 

ちなみに導入された11月の頭から12月いっぱいまでに

番長での収支の半分ほどをあげています。

 

だんだんと拾える台数が減ってきて、

導入当初は大型店にいけば2~4台程度はゾーン狙いできていたのが、

この頃は1台ぐらい打てないかなーってな具合になってきたように記憶しています。

 

結局このことから何がわかるかと言うと、

有り体に言えば情報の出回ってないうちが稼ぎ時、ということになります。

 

すなわち最初は自分も周りもわからない、

しかし雑誌やネット、メーカー毎の特徴や先代機種などから何か糸口を見つけて

積極的に打っていくことで何かを見出すことが結果につながるということです。

 

ちなみに島娘も同様に積極的に打っていき、

ゾーン狙いは有効だと判断し結果を出すことができました。

 

モンキーターンは天井期待値情報が雑誌にでてからも、

浸透するまではそれなりに拾える状況が続きました。

 

このようにパチスロでは情報が収支に直結し、

その情報をいち早く、リスクをとってでも得ることで獲得できるリターンは大きい

と感じます。

 

 

長くなりそうなので続きは次の記事で。

 

続き:先行者利益②

タグ

近況

最近店回りを結構やったんですが・・・

 

使える店なさすぎて笑えない。

 

今までに何度か足を運んでダメだと判断した店も全部回りましたが、だめそうです。

 

副業の打ち手には大変なデメリットである行動範囲の広げにくさ

再び顕在化してきました。

 

遠くまで足をのばせない分、普通だったらすぐスルーするような店も

若干念入りに調査しようとはしていますがそれでもない。

 

唯一の収穫だったのが、パチもスロもボッタクリベタピン店だと思っていた店が、

新台のAタイプに結構使ってたことぐらいです。

(ジャグにもいれないし、ARTも全然でてない、パチはご臨終)

 

まぁそれも一時的でしょうし、次Aタイプの新台がはいるのはいつになるのやら。

 

安い甘デジを細々と打つしかないと考えると苦しい・・

タグ

2012年9月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

このページの先頭へ