花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 残り規定ゲーム数示唆演出複数有り

keiji

©ニューギン

残り規定ゲーム数を示唆する演出が複数存在することが判明。縁側ステージに注目!

 

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 残り規定ゲーム数示唆演出

・七霧夜ステージ移行で残り規定ゲーム数64G以内

・縁側ステージにて、以下の通常演出と異なる場合=残り規定ゲーム数示唆となる

■通常演出(縁側ステージ限定)

①縁側でおふうが座っている&慶次が寝ている

②奥の畳の部屋で捨丸も岩兵衛も座っている

→①②のいずれか一方が通常パターンと異なる場合→残り256G以内

→①②の両方が通常パターンと異なる場合→残り128G以内

 

どのパターンであっても出現すればAT当選まで打つことになると思いますので要チェックですね。

縁側ステージでの演出としては、例えばおふうが立って慶次と会話しているようなパターン、捨丸と岩兵衛が立って会話しているようなパターンなどがある模様。

複数のパターンがあるかもしれませんが、上の通常パターンを抑えておけば大丈夫でしょう。

AT終了後赤扉から天国スルーした場合などに、もし上の演出が出現していればAT初当たりをもう一度取ることができます。

 

ちなみに通常時にステージを確認するには、筐体の内臓データを開き、終了を選択すればOKです。

一旦待機モードに入った台は演出が通常パターンに書き換えられる仕様などが実装されてなければこの方法が通用しますね。

以上です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ