2013年のMVP機種と2014年の目標

あけましておめでとうございます。

あっという間に2013年が過ぎ去り、2014年を迎えました。

 

2013年は例年より早く時が過ぎたように感じます。

パチスロに割いた時間が2012年より減りましたが、収支は上回るという結果になりました。

ヒキが良かった感もそれなりにあります。

しかし、それよりも稼動時間が減ったことによる危機意識と言いますか、時間を無駄にできない感が去年に比べて数倍あったことが大きいように感じます。

 

■2013年の収支貢献機種TOP3

1位 ウルトラマンウォーズ

こいつは凄かったですね。

当初は情報が出るまでが勝負だと思っていました。

しかし思ったよりも少し早く情報が出てきてしまい、加えて稼動の落ちも結構なものだったのでまた短命に終わるのかと嘆いていました・・・

 

ところが、稼動が相当減っていたにも関わらずそれからも結構打てて、結局10月後半~11月の約1ヵ月半は稼動の半分以上(7割ぐらい?)がウルトラマンでした。

情報のスピードというものを肌で感じさせてくれた機種でもありましたね。

結果は約+24000枚と惜しい気もしますが満足。

 

2位 十字架Ⅱ

十字架Ⅱはある程度の稼動が長く続き、リセットも使える、日中も立ち回りやすいという非がない機種でした。

基本的な立ち回り方は至ってシンプルで、天国に行きやすいモードBを狙うというものでした。

この台がおいしかった理由としては、

・モードBからモードAへの転落ナシ

・193G~256Gのゲーム数解除振り分けがモードBのみで、しかも結構濃い

・リセットでモードB以上

などが挙げられます。

 

ウルトラマンウォーズほどの勢いはありませんでしたが、安定感・期間などを考えると2013年のMVPは十字架Ⅱだと思います。

結果は約+21000枚。

 

3位 バイオハザード5

ほとんどがリセット狙いの立ち回りでした。

ただリセット狙いの結果はお世辞にもいいとは言えず、収支に結びついたのは数少ない天井狙いをしたときの誤爆です。

この時期だけは朝一動く頻度がかなり高かったです。

結果は約+9000枚と稼動量の割には不満が残る差枚数に。

 

※稼動回数が極端に少ない台はランキングから除外しています。

■総括

2013年はウルトラマンウォーズと十字架Ⅱがとにかく稼げました。

バイオ5が3位でしたが、僅差で北斗転生・ゼウス・バジリスク2などが続きます。

 

トータルで見れば効率良く立ち回れているし、なにより安定した稼動ができたという実感がある年だったので満足です。

一つだけ心残りな点を言うなら、大学などの関係で稼動にムラがあり秘宝伝がおいしかった時期を逃したことですね。

2013年の自分の立ち回りを評価するなら、5点満点中4.5点とします。


 

最後に、2014年の目標について。

2014年は2013年よりもさらに稼動時間が減ることになりそうです。

しかしそれに甘えず稼動効率を維持し、短い時間でも結果を出したいと考えています。

具体的には時給2500~3000程度を目標に、新機種の立ち回りをいち早く確立して効率よく立ち回る、ということを重視します。

 

以上2013年のMVP機種と、2014年の目標でした。

今年も皆様よろしくお願いします。

ツキモト

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ