新鬼武者再臨 AT後即ヤメは有りか? その2

新鬼武者再臨 AT後即ヤメは有りか?で書きました、新鬼武者再臨のモードA濃厚初当たりAT後の即ヤメについての考察ですが、少し情報を付け加えたいと思いましたので記事にさせていただきます。

 

実はこの記事を書くに至った理由というのが、だてめがねさんに記事を紹介して頂いたことでした。

(だてめがねさんのブログはこちら 旬の話題をいち早く取り上げて情報提供されていますのでいつも参考にさせていただいています)

 

だてめがねさんのその記事やコメント欄を見たところ、どうやら鬼武者のAT後即ヤメというのは意外と多くの方が関心を持たれているようだということがわかりました。

実は前記事でシミュレーション条件などを書いていますが、いくつかの設定条件や結果に関する備考など、煩わしいので省略させていただいたものがあります。

予想外に多くの方の目に触れるかもしれないので、それらを補足することでより正確な情報を把握していただきたいと考え本記事を書くことにしました。

 

まず、以下が前記事で行ったシミュレーションの諸元です。(抜粋)


通常時のコイン持ち・・・31.1G/k

鬼の試練突入率・・・1/452.2

鬼の試練解除率・・・33%

直撃AT・・・無視(無いものとした)

ATの純増・・・2.8枚

設定1でのAT1回の期待獲得枚数・・・624枚

開始条件は、モードAでのAT終了後0G~

終了条件は、AT後128G消化でAT非当選

※ゲーム数解除のゲーム数は区間内での振り分けが不明なので、区間の中で最大である32G,64G,96G,128Gで解除されると仮定しました。


赤い文字が、実際より期待値が高くシミュレーションされうる仮定

青い文字が、実際より期待値が低くシミュレーションされうる仮定

となりまして、以下に簡単な説明を書いています。

 

鬼の試練突入率・・・1/452.2

鬼の試練解除率・・・33%

これらは鬼の試練突入後の消化ゲーム数を数えていません。従って、数ゲーム分通常ゲーム数得をすることになります。(ただし鬼の試練からのAT当選比率はゲーム数解除に比べて低いことを考慮しますと、その実質の影響は1~2G分だと考えられます)

 

設定1でのAT1回の期待獲得枚数・・・624枚

これは直撃分(継続率が優遇)のATも全て含んだAT1回当たりの期待枚数となります。従って、設定1のAT初当たり確率1/416よりもAT当選確率が高い0~128G間のシミュレーションでは直撃AT比率が下がる分だけ本当は期待獲得枚数が下がるはず、ということで期待値が上がる仮定となります。

 

直撃AT・・・無視(無いものとした)

当然直撃ATがない分期待値は下がります。

 

ゲーム数解除のゲーム数は区間内での振り分けが不明なので、区間の中で最大である32G,64G,96G,128Gで解除されると仮定しました。

これも本来ならば区間のどこかで解除されるものを最終ゲームに固定しているので期待値が下がる要因となります。

 

以上の補足に目を通していただいた上で約+820円という結果になったことをご理解いただければと思います。

 

 

最後に、上記シミュレーションの参考にした情報元とは別の媒体からの1~128Gゾーン狙い期待値を参考に算出した、各モードでのAT当選後の期待値を書いておきます。

まず、以下が1~128Gのゾーン狙いをした場合の期待値です。


新鬼武者再臨 1~128Gのゾーン狙いの期待値

  期待値
通常A -590
通常B -200
モード不問 +1770

 


通常A、通常Bの1~128Gは期待値マイナスとのこと。

 

次に、このシミュレーション期待値を信用し、モード移行率などと合わせて計算した各モードでのAT当選後1~128Gを回した場合の期待値は、

期待値
通常A後 +780
通常B後 +2100
天国後 +3020

 

となりました。

 

モードA後1~128Gのシミュレーション結果が+820円だったので結構近い数字ですが、ここまで近いのはたまたまだと思います。

 

BET百鬼モードに関する見解や、他にも書きたいことがあるのですがめちゃくちゃ長くなりそうなんでこの辺にします。

もし何か疑問・質問を抱かれた方は以下のメールアドレスに連絡していただければお答えさせていただきます。

以上です。

 


当ブログではみなさまからの質問を募集しています。

frironn0626@gmail.com

までなんでもどうぞ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ