北斗の拳-転生の章- 宵越し狙いがかなり有効

こんばんは、ツキモトです。

北斗の拳-転生の章- ハイエナ狙い目ラインに続き、宵越し狙いがかなり効く機種なのでそのことについて少しお伝えしたいと思います。

 

2013年7月 天井・ゾーンハイエナおすすめ機種にも書いた通り、宵越しが効く店で最低でも650~700あべしぐらいはありそうな台を攻めていくと良さそうです。

この攻め方の利点は、

・当日あまりハマっていない台であっても、前日のハマリG数が多ければチャンス

・当日ハマっていない台はハマっている台に比べ手をつけられにくい

というところにあります。

 

例えば、

・当日100あべし+前日500G

・当日500あべし+前日100G

という台があった場合、ハイエナに慣れている人ほど当日500あべしに目がいってしまいがちです。

 

しかし、考えてみれば当然前日500Gハマリの方がトータルのあべし数には期待が持てますよね?

前日のあべし数は不明ですが、通常プレイを500Gまわした台と100Gまわした台を比較すると、前日500Gまわした台の方が天破の抽選を通常プレイ400G分多く受けられることになります。

従って前日500Gまわしている台を打つべきです。(ちなみに私がホールでこの条件の台に遭遇した場合はとりあえずキープします)

 

前日の最終ゲーム数がわかることが前提の攻め方ですが、不確定な要素が多いだけに敬遠する人が多いのか結構期待値高め(高そう)な台を拾えるのでおすすめです。

 

まとめると、北斗転生の宵越し天井狙いをする場合は、

・当日のハマリあべし数よりも前日の最終G数を優先して見ていく

ということになります。

 

注意点があるとすれば一点、もし閉店あべし数チェックをしている人がいて、かつその人が日中携帯片手にウロウロしているホールでは警戒するということでしょうか。

前日のあべし数を把握している人間が常駐している場合、放置されている=ハマリが浅い という可能性が高まります。

かなり目立つしリスク高いのでやる人は少ないと思いますが、もしやる人が居るホールは要注意です。

閉店前に何度か閉店チェックをしている人がいるか確認するのが最適ですが、コインを1枚1枚入れて閉店チェックするという手間を考えると日中そのホールにそれなりの頻度で出没する可能性が高いので注意していればわかると思います。

 

ちなみにツキモト的狙い目ラインとしては、

・当日100あべし+前日500G

・当日300あべし+前日350G

・当日500あべし+前日200G

ぐらいを目安としています。

 

今のところは結構好調なのでこのまま続けていきますが、今後の稼動で方針に変化があったら報告したいと思います。

 

以上です。

 

参考記事:北斗の拳-転生の章- ハイエナ狙い目ライン

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ