期待値をプラスにする具体的な方法①

パチスロで勝つには「期待値をプラスにする」だけです。

 

これが全てです。(後日期待値についてもう少し詳しい記事を書きたいと思います)

 

ここでは天下り的にこれを信じてもらうことにして、

 

実際に期待値をプラスにするように立ち回るには基本的に2つの戦略があります。

 

○高設定を打つこと

○天井狙いをすること

 

の2つです。

 

まず高設定を打つということについて説明していきます。


パチスロにはだいたい6段階(1~6)の設定があり、お店がそれぞれのパチスロ台の設定を決めます。

 

また、その各設定に対して機械割というものが定められています。

 

例えば以下のような設定と機械割のパチスロ台があるとします。

 

設定 機械割(%)
1 95
2 98
3 100
4 105
5 110
6 119

 

機械割というのは、いれたコインの枚数(IN枚数)に対して返ってくるコインの枚数(OUT枚数)の期待値を表しています。

 

たとえば3000枚のコインをいれたとします。(ただし払い出されるコインは使わないとします)

 

パチスロは1プレイするのに3枚のコインを必要としますのでこの場合1000プレイ行なった場合のことです。

 

「払い出されるコイン(OUT枚数)」

=「いれたコイン(IN枚数)」×「機械割(%)」

 

で表されますので、上の例では、

設定 でてくるコイン(差枚数)
1 2850枚 (-150枚)
2 2940枚 (-60枚)
3 3000枚 (±0枚)
4 3150枚 (+150枚)
5 3300枚 (+300枚)
6 3570枚 (+570枚)

 

という結果となるわけです。

 

設定が高いほど差枚数が大きくなっていることがわかります。

 

設定狙いというのは、上の例において設定4以上の台を打つことを意味しています。

 

ではどのように設定を狙うのかを説明していきますが、その前に天井狙いについて説明したいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ