夕方からの攻め方

今回は夕方からの戦略のうち、

設定を狙っていく立ち回りについて私の考え方を書いていきます。

 

昨年の広告宣伝規制のころから高設定(5・6)が減り、

中間設定を多めに使うホールが増えたのではないかと思います。

 

ただ、5・6を使うホールでも夕方から空いていることは稀でしょうから、

私は夕方からでも空き台になる可能性の高い中間設定が増えたことは、

逆にチャンスだと考えています。

 

私が使っているホールの一つに、

中間設定メインで6は使わない店があります。(5もあるか怪しい)

 

ジャグラーには5を使っているようですが、

その他の機種で6と思われる台は見かけません。

 

稼動もそれなりにあり、旧イベント日などは中間設定の比率があがるようです。

 

このような店ではどう立ち回るのがベストか、という点が重要なのですが、

 

まず基本的には、積極的に中間設定を狙っていくのはやめるべきです。

 

例えば今ホールのメイン機種であるバジリスク2などは、

設定4でも機械割が107%あり十分打てるように思えますが、

 

設定4の判別は容易ではない上、

低設定を打たされるリスクを考えると得策ではないと言えるでしょう。

 

この辺に関しては、下部に貼っている参考記事で具体例をだして説明しています。

 

ある程度多く中間設定が入っている状況で、

夕方からかなりいいデータがついている台を初めて検討するべきだと思います。

 

次に、ジャグラーはそれなりにおすすめです。(特にアイム)

 

アイムジャグラーはだいたいのホールにそれなりの台数が設置されていますし、

それなりに稼動もあることが多いです。

 

また、REG確率に注目するだけで設定5,6がわかりやすいです。

 

また、REGがついている台でもヤメていく人が多いのも利点です。

 

しかし全体的にペイアウトが低いという欠点はありますが、

それが長所だったりもします。

 

まとめると、夕方から設定を狙う場合は、

・設定狙いは慎重に

・アイジャグ等を中心にAタイプの高設定を狙う

といったところだと思います。

 

これらについては以下の記事でもう少し詳しく考察していますので、

興味がある方はのぞいていってみてください。

 

参考:(早めに追加します)

○○

○○

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ