低貸玉店も視野にいれましょう

今回は低貸玉の店をどう使っていくかを書いていきます。

 

基本的に等価の場合であっても、5スロ10スロ、1パチ2パチなどの店は

時給が半分、4分の1となり、

効率よく稼ごうとする場合避けるべきのように思います。

 

もちろんプロは避ける傾向にありますし、

上手な打ち手も少ないことが多いです。

 

しかし、このライバルが少ないという点を逆手にとって

ハイエナ戦術で数をこなしやすく、天井により近い台を拾いやすい、

という利点があります。

 

私の場合、よく使っている店舗の状況が悪い場合や、

あまり打てる台が無かった日は積極的に低貸玉店(10スロ、1パチ)

もまわっています。

 

特に、店舗数が多い地域では意外と10スロなどが穴場となっている場合も多く、

自分の行動範囲に10スロ店があるなら様子を見てみる価値はあります。

 

また、10スロ店はベタピン放置の店が多いと感じます。

(宵越しでおいしい台を狙いやすい)

 

1パチの潜伏狙いなども4パチに比べて

かなり拾いやすいのであわせて狙うのがおすすめです。

 

実は、数年前は10スロなどではライバルがかなり少なかったため

宵越し狙いなどでかなりおいしい思いができた時期があり、

10スロ2店舗を主軸に据えた時期もあったぐらいです。

 

最近はそこまで状況のいい店は周囲にないですが、

それでも10スロは使っています。

 

結論としては、

・低貸玉店も意外と期待値を稼げる場合があるのでチェックするべき

(おすすめは10スロ・1パチ、稼動があるなら2パチも)

・重要なのはライバルの有無で、穴場の店を見つけるとかなりおいしい

ということです。

 

副業で限られた時間を使う場合は

移動時間を減らして打っている時間を長くすることが重要なので、

遠くの店に移動するのに時間をとられるよりは、

近くの低貸玉の店をまわった方がよい場合があると考えましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ