パチンコ潜伏狙いのやり方

今回はパチンコの潜伏確変(潜伏・潜確)の狙い方について説明します。

スロットで天井狙いに慣れてくると、パチンコの潜伏狙いも取り入れると収支を大きくupさせることができます。

実際私のここ1年の収支のうち約2割が潜伏狙いによるものでした。

 

潜伏狙いのキモは、ずばり機種情報です。

機種情報を頭にいれれば7割は準備完了と考えていいでしょう。

 

やり方は、メインに使う店の新台で入ったパチンコに関して一通り目を通すだけで十分です。

後は適宜気になった台をその場で調べたらいいでしょう。

 

ポイントは、

①確変状態での時短(電サポ)抜けがあるか

②特殊モードを抜けるか

の2点です。

 

①については、主に2R確変(出玉ナシ)を搭載している機種が多いですが、これだけの場合は②が重要で、特殊モードを抜けない場合は拾える確率が低くなります。

最近はモード抜けしない機種がほとんどですが、それでもたまに落ちていたりするので頭には入れておきます。

 

②は結構重要で、確変状態で通常モードに移行する台はかなり狙い目です。

 

①②に加えて、潜伏ループがあればなお良いです。

 

例えば今潜伏狙いをするのであれば南国育ちinハワイなどになると思います。

この機種の特徴は、

・大当たり後時短が8or16回で終わる当たりがある(しかもその割合が高い)

・通常モードに転落することもある

といった点です。

 

上の①②を見事に満たしています。

 

少し前であれば、ガロ陰我消滅、ガロREDREQUIEM、ブラックスパイダーマン(フルスペのヤツ)等

が挙げられます。

 

このへんの機種の解析を見てもらえるとどういった機種が潜伏狙いに適しているかわかっていただけると思います。

 

ちなみにここ最近の狙い目機種は、南国>>その他 でしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ