バイオの朝一 リセット狙いについて その3(立ち回り方)

バイオの朝一 リセット狙いについて その2(演出編)の続きです。

前記事では主に演出について書いたのですが、本記事ではそれらを活かした実戦的な朝一の立ち回り方法について考察します。

 

まず、朝一はバイオの朝一 リセット狙いについて その1に書いたように、

CZモードが良さそうな台を片っ端から攻めます。

特にCZが発動した場合周囲の状況を加味しつつ天井まで追うかを判断します。

MID以下濃厚の場合60Gぐらいまわしていても無理に追う必要はありません。

また客のレベルなどにもよるのですが、私の場合朝一103まで回したらHI以上濃厚でも捨てて空き台を優先します。SP確定なら続行します。

 

ここで周囲の台も見ておき、高モードを示唆する演出が確認できれば次の立ち回りに役立つことがあります。

例えば、始祖ウイルスハウスに移行したのにCZ突入していない台は高モードの期待度が上がるのでチェックしておきます。

 

朝一CZを取りきったら、次は天国狙いとCZモード狙いをします。

・自分が打って途中でヤメた台

・他の人の台でCZモードがよさげな台(上に書いたような周囲の台の情報が必要)

・ART0回で100Gにかなり近い台(天国狙い)

1回ART引いた台の天国狙い(天国期待度約18%なので過度には期待しない)

この辺の方針はわかりやすいと思うので割愛しますが、1回ART当たっている台の天国というのはちょっと盲点かもしれません。(サブ液晶シェバで若干天国期待度アップ)

 

ここで一つ注意点としては、天国を狙う際には仮天井の存在に注意します。

天国Aの場合仮天井は、32Gが25%、64Gが75%で選択され、選択されたG数到達後のレア役で直撃ARTに当選します。

33G以降にレア役を引いて直撃が無かった場合はその時点で天国期待度が18.75%まで下がります。

もちろん65G以降にレア役をひいて当たらなければ天国否定ですので、リセット後天国振り分けが25%という数字に惑わされないようにしましょう。

意外と天国天井(99G)でHITしないのは仮天井の存在が大きいためです。

 

 

その後の立ち回りとして、最後に設定変更後のハマリ台について少し考察しました。

設定変更時のモード振り分けは、

モード 割合
通常B 62.5%
通常C 12.5%
天国A 25%

 

となっており、天国を否定した場合6回に1回は通常Cとなります。

通常Cというのは、次回天国確定、また期待枚数1500枚の天国Bへの入り口的な存在となっています。

ちなみに、通常Cの天井でART当選の場合50%で、天井到達前にART当選の場合約19%で天国Bへ移行します。

(言い換えると、設定変更後の天井到達時は1/12で天国Bに移行する)

従ってリセット台の天井狙いというのは普通のときに比べて期待値があがると考えられます。

ちなみに「設定変更後&天国抜け」の台の次回天国移行率を計算してみると、22%です。(天井非到達の場合

(通常A→天国は約1%、通常B→天国は約7%)

 

 

使える機会は少ないかもしれませんが参考になれば幸いです。

以上です。

 

 

参考記事:

バイオハザード5の朝イチ設定変更がうまい?

バイオの朝一 リセット狙いについて その1

バイオの朝一 リセット狙いについて その2(演出編)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ関連記事

   タグ:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ