南国物語 内部モードについて 飛翔モードは連チャンまで転落ナシ

本機には、それぞれ「初当たりモード」「飛翔モード」と呼ばれる2種類の独立した内部モードが存在。

前者は通常時の初当たり確率、後者は初当たり後のときめきゾーンでのボーナス当選率にそれぞれ関係します。

 

南国物語 2種類の内部モードについて

初当たりモード

◆初当たりモード:A・B・C・D-1・D-2・D-3・SP南国

 →右にいくほど高モードとなり、初当たり当選確率が向上

 →SP南国は初当たりまでに内部的にBIGをストックするプレミアムモード

飛翔モード

◆飛翔モード:A・B・C

 →A<B<Cの順でときめきゾーンでのボーナス当選期待度が高まる(32G以内の天井選択率が高まる模様)

 →モード移行抽選はときめきゾーン抜け時に行われる

 

※「初当たりモード」「飛翔モード」はそれぞれ独立して管理されている

 

モード移行の概要です。

初当たりモードの詳細は判明していませんが、飛翔モードは蝶ときめきモード突入まで転落ナシとのこと。

ときめきモードを複数回スルーしている台は狙い目になりますね。

 

なお、リプレイ成立時に遅れが発生すればSP南国モード滞在時が確定します。

SP南国モードは高確率(1/35.7)でBIGの1G連をストックするので、必ず次回ボーナス当選まで打ちましょう。

※遅れは比較的わかりやすいので注意していれば聞き逃すことはないと思います。