南国物語 重要なボーナス終了画面による飛翔モード示唆が判明!

南国物語のボーナス終了画面における飛翔モード示唆演出の詳細が判明しました。

重要なポイントを紹介します。

 

南国物語 ボーナス終了時の飛翔モード示唆演出

基本パターン

満月

飛翔B以上確定

三日月・流れ星

飛翔C確定

オリオン座

※流星群・下パネルハイビスカス点灯・パトランランボイス「もう1回パト」は連チャン示唆・ネッシーは連チャン+超蝶ときめき示唆

 

飛翔モードは蝶ときめきモード移行まで転落しないので、高モード示唆は非常に重要となります。

中でも、飛翔Cは最も32G以内天井選択率が高いモードです。

よって飛翔C滞在が確定するオリオン座が出た場合は蝶ときめきモード移行まで打ち切って良いでしょう。

※各モードの32G以内天井選択率:飛翔A→2.36% 飛翔B→19.62% 飛翔C→40.23%

 

考えないといけないのは飛翔BorC滞在となる三日月・流れ星ですが・・・

結論から言うと、時間効率の観点から蝶ときめき移行まで打ち切るのは少し微妙かなというところです。

2スルー・3スルー程度の台であれば一旦ヤメて、ゾーンや天井が狙えそうなゲーム数に育っていたら打つくらいの感覚でいいと思います。

逆に5スルーとかであれば打ち切るというのも選択肢の一つとなるでしょう。

 

補足情報にはなりますが、流れ星の方が三日月よりもモードC滞在期待度が高いです。

流れ星が複数回出ているorスルー回数多め+流れ星、などであれば飛翔C滞在期待度がアップするのでその場合も蝶ときめき移行まで打ち切ってもいいでしょうね。