牙狼 金色になれ スペック・ボーダー

garo 

©SanseiR&D

筐体上部から顔が飛び出る、牙狼シリーズの最新作です。

 

牙狼 金色になれ 解析・天井情報

■1/399.6 → 1/109.592

■賞球数:3&10&15

■ST突入率51%・161回転まで継続

■時短100回転

■電サポ161or100回転

■通常時の電チューお助け機能搭載

▼等価ボーダー:16.1回転 ※算出条件は以下

・16R:1960個

・実質15R:1840個

・実質13R:1590個

・通常時の電チュー割合6%

・電サポ中の増減ナシ

 

スペックはこれまでのシリーズを継承していますね。

相変わらずボーダーラインも低めで、打つ機会が多い機種になりそうです。

 

今までと異なるのは、通常時の電チューお助け機能がついている点。

電チューで大当たりした場合100%STに突入するので、通常時の電チュー開放時は打ち出しをヤメないように注意してください。

 

あと技術介入については、ワンツー打法と電サポ中の止め打ち。

▼電サポ中の止め打ち手順

①2開放目が開く直前に打ち出しヤメ

②3開放目が閉じたら打ち出し開始

※電サポは4回1セット

スルーの状態が良ければ開放毎に合わせてもOKでしょう。

 

牙狼シリーズは釘が開きやすいので要チェック!

また何回か実践してみて新たにわかったことがあれば記事にします。